株式会社エグチ建装

外壁の隙間を埋めるべき理由とは?隙間が生まれるパターンとメンテナンス方法

お問い合わせはこちら

外壁の隙間を埋めるべき理由とは?隙間が生まれるパターンとメンテナンス方法

外壁の隙間を埋めるべき理由とは?隙間が生まれるパターンとメンテナンス方法

2024/02/16

家の外壁は、私たちの暮らしを守る大切な役割を果たしています。

外壁の小さな隙間が、大きな問題につながることも少なくありません。

今回は、質の高い住環境を保ちたいと考える住宅所有者の方に向けて、外壁隙間のパターンと原因、それに対する効果的な修復方法をご紹介します。

 

□外壁隙間のパターンと原因をご紹介!

 

外壁に生じる隙間は、そのパターンと原因によって異なる対処方法が求められます。

ここでは、主な隙間のパターンとそれらが発生する原因について深掘りしていきます。

 

*外壁隙間が生じる原因

 

1:サイディングの繋ぎ目に生じる隙間

 

サイディングの繋ぎ目に使われるコーキングは、外壁の保護に不可欠です。

しかし、経年や紫外線の影響で収縮や劣化が起こり、隙間が生じることがあります。

細かな隙間は大きな問題にはなりにくいものの、放置すると外壁内部の水分浸入につながり、やがては外壁の劣化を早める原因となり得ます。

 

2:外壁の浮きや反り、ひび割れによる隙間

 

外壁の劣化は、浮きや反り、そしてひび割れによる隙間を生じさせます。

これらは主に経年による防水効果の低下が原因で、水分が外壁に浸透しやすくなるため、深刻な損傷に繋がることがあります。

これらの隙間は、外壁の内部構造にまで影響を与える可能性があり、早急な修復が必要です。

 

*隙間対処法の確認

 

外壁に隙間が生じた場合の対処法も重要です。

コーキングの隙間は、打ち替えや打ち増しといった方法で修復可能です。

外壁の浮きや反りがある場合には、ビスで固定する応急処置や部分的なサイディング交換が考えられます。

また、外壁材が割れている場合は、部分交換や塗装メンテナンスが効果的です。

 

□外壁の隙間を埋めるべき理由とは?コーキングの重要性

 

外壁の隙間にはコーキングのメンテナンスが不可欠です。

ここでは、コーキングの重要性とそのメンテナンス方法についてご紹介します。

 

1:ひび割れを防ぐためのコーキング

 

外壁のひび割れは、住宅の構造に大きな影響を与えます。

コーキングは外壁材同士の隙間を埋め、衝撃を分散させる役割を果たしています。

これにより、外壁のひび割れや破損のリスクを軽減できます。

 

2:雨漏りや水漏れ防止

 

コーキングのもう一つの重要な機能は、雨漏りや水漏れを防ぐことです。

コーキングによって隙間を埋めることで、水分の外壁内部への浸入を防ぎます。

建物の寿命を延ばし、快適な居住環境を維持するためにも、コーキングのメンテナンスは重要です。

 

3:具体的なリペア方法

 

コーキングの修復には、打ち替えや打ち増し、部分的な補修があります。

打ち替えは古いコーキングを取り除き新しいものに交換する方法、打ち増しは既存のコーキングに新たに材料を加える方法です。

また、外壁のひび割れがある場合には、コーキングで隙間を埋めることが有効です。

 

□まとめ

 

この記事では、外壁の隙間が生じるパターンとその原因、そしてそれらを効果的に修復するためのコーキングの役割とメンテナンス方法についてご紹介しました。

外壁の隙間は、家全体の安全性や快適性に直結するため早急に埋めるべきです。

適切なメンテナンスと修復を行うことで、長期にわたって質の高い住環境を維持が可能です。

この知識を活用し、ご自宅のメンテナンスを行い、長期間理想の状態を維持しましょう。

----------------------------------------------------------------------
株式会社エグチ建装
〒840-2102
住所:佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
電話番号 :0952-20-8700


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。