株式会社エグチ建装

外壁塗装中に台風が来ても養生や足場は大丈夫なのか?

お問い合わせはこちら

外壁塗装中に台風が来ても養生や足場は大丈夫なのか?

外壁塗装中に台風が来ても養生や足場は大丈夫なのか?

2024/01/20

台風シーズンが近づくと、外壁塗装中の家の足場に対する心配が高まります。
特に、台風が接近する際には、足場の安全性や養生の状態が気になるものでしょう。
この記事では、台風時の足場対策について、その重要性と具体的な方法を解説します。

 

□台風に強い足場の作り方!基本となる3つのポイントを解説!

 

外壁塗装中に台風が来ても、問題なく作業ができたり、崩れたりしないようにするためには、何を意識すれば良いのでしょうか。
意識していただきたいのは、「足場の強度を高める」「控えの増加と強化」「メッシュシートの畳み方」の3つです。

 

*足場の強度を高める

 

足場の倒壊の主な原因は、強度不足です。
これに対処するためには、足場の補強が必要です。
最も効果的な方法は、親綱を張ることです。
これにより、足場が外側に広がるのを防ぎ、安定性を高めます。

 

*控えの増加と強化

 

建物からの控えが不足していると、足場は不安定になってしまいます。
控えを増やす、またはより強い控えに変えることで、足場の安定性を高められます。
控えを増加・強化することによって、足場を強固なものにしましょう。

 

*メッシュシートの畳み方

 

強風対策として、メッシュシートの畳み方が重要です。
メッシュシートは風の影響を受けやすいため、特に屋根より上や四隅を中心に畳むことで、風の抵抗を減らし、足場の安定性を向上させます。
メッシュシートの畳み方を工夫して、足場を強くしてくださいね。

 

□塗装工事の足場における2つの重要なステップを解説!

 

足場を強固なものにするために、重要になってくるステップを2つに分けて解説します。

 

1.メッシュシートを畳む

台風接近時には、メッシュシートを部分的に解いて足場に巻き付けることが重要です。
これにより風が通り抜けやすくなり、足場の揺れを軽減できます。

 

2.壁あての固定

最後は壁あての固定です。
壁あては、外壁に直接当てて足場を安定させる部材です。
台風が近づいたら、壁あてを壁に固定することで、足場の安定性が高まります。
この際、壁を傷つけないように注意し、塗装後は塗膜が完全に乾いているかを確認することが重要です。

 

□まとめ

 

台風シーズンにおける外壁塗装の足場対策は、家の安全を守る上で非常に重要です。
足場の強度を高める補強、控えの増加や強化、そしてメッシュシートの畳み方は、台風による被害を最小限に抑えるために欠かせない対策です。
これらの対策をしっかりと行い、安心して台風シーズンを乗り切りましょう。

----------------------------------------------------------------------
株式会社エグチ建装
〒840-2102
住所:佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
電話番号 :0952-20-8700


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。