株式会社エグチ建装

外壁塗装で使用される下塗り塗料が透明でも手抜きの心配はない?

お問い合わせはこちら

外壁塗装で使用される下塗り塗料が透明でも手抜きの心配はない?

外壁塗装で使用される下塗り塗料が透明でも手抜きの心配はない?

2023/12/27

外壁の美しさを長持ちさせたい家主にとって、外壁の色や柄を変えずに保護する方法は重要な関心事でしょう。
透明塗料の使用は、外壁の外観を維持しつつ、その保護を実現する効果的な手段です。
今回は、透明塗料の使用方法とそのメリット・デメリットを探り、理想的な外壁保護策を解説します。

 

□透明な下塗りで手抜きを防ぐ!外壁塗装の質を保つ秘訣

 

外壁塗装のクオリティを保つ上で、以下の3つについて意識してみてください。

・ムラ防止の重要性
・下塗りの手抜きのリスク
・材料の追加発注のリスク

 

*ムラ防止の重要性

 

下塗りを手抜きすると、塗料の吸い込みによりムラが発生し、外壁のつやが不均一になってしまいます。
透明な下塗り材料の使用は、これを防ぎ、外壁全体に均一なつやを保つために不可欠です。
特に、当社のような保証のある塗装会社では、下塗りのムラを避けるために丁寧な作業を行います。

 

*下塗りの手抜きのリスク

 

下塗りを手抜きすると、中塗り作業が難しくなります。
吸い込みムラが多いと、中塗りで塗布量を調整する必要があり、これは職人の技術を要し、時間もかかります。
保証のある会社では、下塗りのムラを避け、中塗り作業をスムーズに進めるために手抜きをしません。

 

*材料の追加発注のリスク

 

下塗りを手抜きすると、上塗りの材料が足りなくなる恐れがあります。
中塗りでムラを調整するために、通常より多くの材料が必要になるためです。
下塗り材の追加発注は比較的安価ですが、上塗り塗料は高額になり得るため、保証のある塗装会社は下塗り作業を手抜きしません。

 

□外壁塗装の成功の鍵!下塗り作業前の重要チェックポイント

 

1:高圧洗浄での下地清掃

外壁塗装前には、高圧洗浄で外壁の汚れを徹底的に除去することが重要です。
これにより、塗装の耐久性が向上し、施工不良を防ぎます。
外壁・屋根下地に異物が残ると、高級塗料での塗装でも密着不良や剥がれの原因になる可能性があります。

 

2:下地処理の重要性

外壁には経年劣化でヒビや亀裂が生じることがあります。
これらを放置したまま塗装すると、塗料が浮いてしまい、剥がれや浸水のリスクが高まります。
建物の防水性・防カビ性を高めるためにも、下地処理は特に重要な工程です。

 

□まとめ

 

外壁の外観を保持しつつ保護するためには、透明塗料の適切な使用が鍵となります。
下塗りの手抜きを避け、高圧洗浄による徹底的な下地清掃、丁寧な下地処理を行うことで、外壁塗装の質と耐久性を高められます。
これらのポイントを押さえることで、美しい外壁を長期間保つことが可能です。

----------------------------------------------------------------------
株式会社エグチ建装
〒840-2102
住所:佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
電話番号 :0952-20-8700


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。