株式会社エグチ建装

木造住宅の塗装の塗り替え時期について解説!いつ塗り替えるのが最適なの?

お問い合わせはこちら

木造住宅の塗装の塗り替え時期について解説!いつ塗り替えるのが最適なの?

木造住宅の塗装の塗り替え時期について解説!いつ塗り替えるのが最適なの?

2023/12/21

木造住宅を所有するホームオーナーにとって、外壁の塗り替えは美観を維持し、住まいの寿命を延ばすために欠かせないメンテナンス作業です。

この記事では、外壁塗り替えの必要性、適切なタイミング、そして最適な塗料の選び方について、詳細にわたって解説します。

木の温もりを守りながら、住宅を長持ちさせるための知識を深めていただければと思います。

 

□木造住宅の外壁を塗り替える重要性とタイミング

 

*塗り替えの周期とその意義

 

木造住宅の外壁は、他の材質に比べて塗り替えの必要が早く訪れます。

3~5年ごとの塗り替えは、色褪せや木材の劣化を防ぎ、住宅の美しさを保つために不可欠です。

この周期的なメンテナンスは、外壁をただ新しく保つだけでなく、木材本来の「味」を育む過程でもあります。

 

*塗り替えを怠るリスク

 

塗り替えを怠ると、木材は色を失い、やがては構造的な弱さを露呈します。

釘が抜け、板が浮くといった現象は、外壁としての機能を失うことを意味し、最悪の場合、住宅全体の寿命を縮める結果につながります。

 

*メンテナンスの価値

 

しかし、定期的にメンテナンスを行うことで、木材は独自の風合いを増し、塗料の耐久性も向上します。

最初の10年間は3年ごとに、その後は5~7年ごとの塗り替えが理想的です。

時間を経るごとに、木材はただ古くなるのではなく、熟成された美しさを備えるようになります。

 

□木造住宅に適した外壁塗料の選び方

 

ここでは、木造住宅に適した外壁塗料の選び方のポイントを3つご紹介します。

 

1.浸透型塗料の特性

木造住宅の外壁には、木の伸縮を妨げず、自然な風合いを保つ浸透型塗料が適しています。

オイルステインや柿渋などの浸透型塗料は、木材内部に浸透し、撥水や防カビ機能を付加しながら、木の質感を活かします。

 

2.造膜型塗料の問題点

一方で、造膜型塗料は木の伸縮に追従できず、ひび割れや剥がれの原因になり得ます。

木材の自然な動きを尊重するためにも、浸透型塗料の選択が賢明です。

 

3.メンテナンスの頻度

浸透型塗料は耐久性において造膜型塗料に劣るため、より頻繁な塗り替えが必要となります。

しかし、これは木材の美しさと健全性を維持するための小さな代償といえるでしょう。

 

□まとめ

 

木造住宅の外壁塗り替えは、美観の維持と住宅の健康を保つために不可欠です。

適切なタイミングでの塗り替えと、木材に優しい塗料の選択は、長期にわたる住宅の品質を保証するものです。

この記事が、木造住宅の魅力を長く保ち続けるための一助となれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------
株式会社エグチ建装
〒840-2102
住所:佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
電話番号 :0952-20-8700


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。