株式会社エグチ建装

外壁塗装の乾燥時間はどれくらい?守るべき注意点も解説!

お問い合わせはこちら

外壁塗装の乾燥時間はどれくらい?守るべき注意点も解説!

外壁塗装の乾燥時間はどれくらい?守るべき注意点も解説!

2023/12/17

外壁塗装を考える際、多くのオーナーが直面するのが「いつ、どのように塗装すれば良いのか」という問題です。

特に乾燥時間は、塗装の質と耐久性を左右する重要な要素であり、適切な知識がなければ、せっかくの塗装も台無しになりかねません。

本記事では、外壁塗装の乾燥時間の重要性、その決め方、そして乾燥に関する注意点を解説します。

 

□外壁塗装の乾燥時間とは?

 

*工程ごとの乾燥時間の理解

 

外壁塗装においては、下塗りから上塗りまで、各工程にはそれぞれ適切な乾燥時間が求められます。

この時間は塗料が固まるまでの期間であり、通常3〜24時間を要します。

しかし、これはあくまで一般的な目安であり、実際の乾燥時間は季節や気候によって大きく変わるのです。

 

*季節と天候の影響

 

乾燥時間は、外の気温や湿度に左右されます。

例えば、湿度が高い日や雨の日は乾燥が遅れがちであり、寒い季節にはさらに時間がかかることも。

これらの条件を考慮せずに塗装を行うと、乾燥不良による塗膜の劣化や剥がれの原因となります。

 

*計画的な施工の必要性

 

塗装工程を計画する際には、これらの環境要因を考慮に入れ、余裕を持ったスケジュールを組むことが肝心です。

また、予期せぬ天候の変化にも柔軟に対応できるよう、塗装日の選定には慎重を期すべきでしょう。

 

□外壁塗装の乾燥時間に関する注意点

 

1.物を壁に立てかけない

塗装したばかりの壁には、何も立てかけないことが重要です。

特に塗膜が乾燥する過程で、物が触れることにより塗料が剥がれたり、跡が残ったりするリスクがあります。

傘などの日常品も例外ではなく、塗膜に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

 

2.乾燥状態の確認は専門家に

塗装面が乾いたかどうかの判断は、見た目だけでは難しいものがあります。

外側が乾いているように見えても、内部がまだ乾いていないこともあり得るため、専門家の判断を仰ぐことが望ましいです。

自己判断で触れてしまうと、せっかくの塗装が台無しになることも。

 

3.外での作業は慎重に

塗装中は、家の外での作業も慎重に行う必要があります。

洗車中に壁に水や土が飛び散ると、塗膜が損傷する原因となります。

塗装が完全に乾燥するまでは、外壁に影響を与える可能性のある活動は避けるべきです。

 

□まとめ

 

この記事では、外壁塗装の乾燥時間の重要性、適切な決め方、そして乾燥に関する注意点をご紹介しました。

塗装の乾燥時間は、塗膜の品質を保ち、長期間にわたる外壁の保護に不可欠です。

塗装を成功させるためには、これらのポイントを理解し、計画的に施工を進めることが大切です。

適切な知識と準備をもって、美しく丈夫な外壁を実現しましょう。

----------------------------------------------------------------------
株式会社エグチ建装
〒840-2102
住所:佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
電話番号 :0952-20-8700


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。