株式会社エグチ建装

屋根塗装をするべき時期の正解はいつ?材料別の目安と劣化のサインを解説!

お問い合わせはこちら

屋根塗装をするべき時期の正解はいつ?材料別の目安と劣化のサインを解説!

屋根塗装をするべき時期の正解はいつ?材料別の目安と劣化のサインを解説!

2023/12/09

家を所有することは、多くの人にとって大きな夢であり、同時に責任を伴う重要な決断です。

屋根は家を守る盾として、日々変わりゆく気象条件に晒されています。

 

しかし、多くの家主は屋根の塗装時期やメンテナンスの重要性について十分な知識を持ち合わせていないでしょう。

この記事では、屋根材ごとの塗装時期と劣化のサインを詳細に解説し、適切なメンテナンスのタイミングを見極めるための知識を提供します。

 

□屋根材の種類と塗装の目安時期

 

*トタンの特性と塗装周期

 

トタン屋根は、かつての住宅によく見られる材料で、その軽量さと施工の容易さから人気を博しました。

しかし、時間の経過と共に塗膜が剥がれ、錆びの原因となることも少なくありません。

そのため、5~10年ごとの塗り替えが推奨されており、これはトタンの特性を理解し、適切に対応することで屋根の寿命を延ばすために不可欠です。

 

*スレートの耐久性とメンテナンス

 

スレート屋根はその軽さから耐震性に寄与する一方で、耐久性には欠けるという側面があります。

約20~25年の耐用年数を持ち、表面の塗装が劣化すると素材自体がダメージを受けやすくなるため、定期的な塗り替えが求められます。

 

*セメント瓦の長期耐用と塗装の重要性

 

セメント瓦は耐用年数が長く、コストパフォーマンスに優れているため、かつて多くの住宅で採用されました。

しかし、割れやすい性質を持ち、塗装を怠ると素材が劣化しやすくなるため、5~10年おきの塗り替えが必要です。

 

□屋根の劣化状況とその対処法

 

1.色あせとその監視

屋根の色あせは塗膜の劣化の初期サインです。

この段階では緊急の対応は必要ありませんが、定期的なチェックにより、進行状況を把握し、適切な時期に塗り替えを行うことが肝心です。

 

2.コケ・カビの発生と対策

屋根に生じるコケやカビは、見た目の問題だけでなく、悪臭の原因にもなり得ます。

これらは高圧洗浄で除去可能ですが、取り除けない場合は塗装の検討が必要です。

 

3.ひび割れへの迅速な対応

屋根のひび割れは、雨漏りや錆びの原因となり得るため、発見次第、迅速な補修や塗装が推奨されます。

これにより、室内への雨水の浸入を防ぎます。

 

4.塗膜の剥がれとその影響

塗膜の剥がれは、屋根の保護機能が低下していることを示しています。

これを放置すると、屋根材自体の劣化が進み、修繕費用が増大する可能性があるため、早期の塗装が必要です。

 

5.錆びの進行と塗装の必要性

金属素材の屋根で発生する錆びは、放置すると穴が開くほど進行することがあります。

そのため、錆びを発見したら、速やかに塗装を行うことが重要です。

 

□まとめ

 

屋根の塗装とメンテナンスは、家全体の健康を保つために不可欠です。

適切な時期に塗り替えを行うことで、屋根の寿命を延ばし、家族を守る家の機能を維持できます。

屋根材の種類を理解し、劣化のサインを見逃さないようにすることが家主の責務です。

この記事が、屋根の塗装に関する理解を深め、適切なメンテナンスを行うための一助となれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------
株式会社エグチ建装
〒840-2102
住所:佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
電話番号 :0952-20-8700


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。