外壁は紫外線や雨風を受けて徐々に劣化し、様々な症状が出ることがあります。一部症状をご紹介致します。

様々な症状

crack

クラック

外壁のひび割れ・裂け目の事です。主にモルタル・サイディング・木部に起こる事が多いよう です。ひび割れには多くの原因がありますが、外壁の乾燥・収縮したことで起こるひび割れと、温度変化により歪みが生じて起こるひび割れが代表的です。
ひび割れ幅が0.2mmを超えると漏水量が増大するといわれており、築後8年頃より劣化の兆候が現れはじめます。クラック症状が出てしまったらフィーラー(高粘度の下地調整剤)を塗布します。 ひび割れの状態によっては、シーリング処理等を行い、その後上塗りをします。

peeling

浮き・ハガレ

塗膜と下地が剥離(はくり)してくる症状の事で、これを「浮き」と呼びます。浮きが進行すると「ハガレ」となります。
年数の経過による塗膜の密着力の低下により引き起こされ、素地や下塗膜の層間において付着力不足が起き、そこへ雨水などの進入により症状が進行すると塗膜がパラパラ剥れるように浮き上り剥落する。
浮き・ハガレの症状が出たら工具や機械などを用いて、既存塗膜の除去を行い、下塗り後に模様合わせなどをした後に、上塗りして完成です。

choking

チョーキング

塗膜の劣化・風化による表面の白化現象で、塗膜の表面が粉状になり艶が引けてくる。手で触ると白いチョークのような粉が付着してくることから、チョーキング現象と呼ばれています。
太陽の紫外線・雨・風による空気摩擦によって引き起こされる劣化現象で、塗膜形成している樹脂が分解され着色顔料のみが残って、それが粉体として付着したまま残ることで起きる現象です。
高圧洗浄を念入りに行い、完全に粉体を落としてしまいます。それでも残った場合は、下塗り(カチオン系・エポキシ系など)を用いて固めてしまってから、上塗りをします。

dirt

汚れ

表面に水が流れた後のような形で汚れる症状です。
原因は表面の劣化による凹凸部に汚れが溜まる等の理由で起きるようです。
汚れが出てしまったら、高圧洗浄後、下塗りをし、上塗りに低汚染型の塗料を使用します。
高圧洗浄を念入りに行い、完全に粉体を落としてしまいます。それでも残った場合は、下塗り(カチオン系・エポキシ系など)を用いて固めてしまってから、上塗りをします。

rust

サビ

金属面の劣化で、表面を侵食していく症状です。塗料のハガレ等により、金属表面が酸化される事で起きる現象です。
サビが出てしまったらサビを落としてしまい、サビ止めを塗布後に上塗りをします。

mold

カビ

その名の通り、カビが生えた状態です。
原因は場所的に湿気のたまりやすい所だとカビが生えやすいようです。
カビが生えてしまったら、高圧洗浄、またはバイオ洗浄により落としてしまった後、下塗りをし、上塗りに防カビの機能を持った塗料を塗ります。

moss

藻・コケ類

その名の通り、藻・コケが生えた状態です。
原因は場所的に湿気のたまりやすい所だと藻・コケが生えやすいようです。
藻・コケが生えてしまったら、高圧洗浄、またはバイオ洗浄により落としてしまった後、下塗りをし、上塗りに防藻の機能を持った塗料を塗ります。

塗料で探す

アクセス

Access

株式会社エグチ建装

外壁塗装/屋根塗装/建築塗装/内装塗装/断熱塗装/防水工事

〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
TEL : 0952-24-8373  ⁄  FAX : 0952-20-7313

塗装に関するご相談・ご質問はこちらから

0952248373

受付時間 平日・土曜 9:00 - 18:00(日曜・祝日を除く)

メールから問い合わせ