小城市の集落センター塗装工事  その2 | 佐賀の塗装工事の専門店 株式会社エグチ建装【佐賀県知事許可 第11211号】|外壁塗装・屋根塗装

小城市の集落センター塗装工事  その2


みなさん、こんにちは。

エグチ建装の江口です。

 

ただ今手掛けさせて頂いております集落センターの塗装工事の続きを投稿したいと思います。

 

 

前回高圧水洗浄の状況等を投稿しまして、それだけでもずいぶんキレイにはなりましたが、今後カビやコケの発生を抑えるためには

塗装が必要になってきますというところまで、お話しさせて頂いたのですが、いきなり塗装をしてもよろしくない箇所がありまして、

そういった箇所には下地処理がさらに必要となってきます。

2016-10-15-18-23-31-1

2016-10-15-18-23-30-2

2016-10-15-18-23-29-2

こちらの現場では上の写真の金属屋根、鉄部格子、塩ビ製パイプの3箇所がその下地処理の対象でした。

実際は壁もなんですが、壁の下地処理は弊社ではなく、他の業者さんがやられてますので、写真がございません。

 

金属屋根と鉄部格子はサビと旧塗膜の除去(この時の仕様は脆弱箇所のみの除去でした。)、塩ビ製のパイプは旧塗膜の除去と傷をつけることで塗膜の接地面積を

増やし、密着を良くするために下地処理を行いました。

 

下地処理を施して、初めて塗装工程に移っていきます。

この作業はかなりの重要ポイントで傷んだ箇所の上にどんな高級な塗料を塗ってもすぐに傷んだり剥がれたりしますので、外せない作業だと言えます。

下地処理は実際手間がかかるので、塗装工事と別途にお金がかかってきます。

なので下地処理代をより少なくするために、できるだけ早い段階でのメンテナンスが建物には必要でその大体のメンテナンス周期が10年前後だと言われてます。

 

 

もちろん10年以上経過した建物でも、条件によってはほとんど損傷が無いというものもあるかと思います。

そういう箇所に至っては無理矢理処置する必要はなく、その分損傷が激しい箇所に予算を費やしたり、他の事に使ったりした方が良いというのが私の持論です。

 

例えば、150㎡の壁面積の一部の損傷が激しい(全体の2割程度が損傷が激しい)建物があったとしまして、1㎡あたり3,000円かかる少し大がかりな下地処理を全体に施すと450,000円

かかります。しかし、損傷の激しい箇所(2割の面積)にのみ3,000円の下地処理代をつぎ込み、残りの箇所は適正程度の600円の下地処理を施したとした場合、

 

150㎡×0.2(2割の面積)×3,000円+150㎡×0.8(残りの8割の面積)×600円=90,000円+72,000円=162,000円

 

450,000円と162,000ではかなりの差があります。

その差額は屋根の塗料のグレードをワンランク上げるとか、そのまま取っといて家以外のことに使う等、使い道は自由です。

そういったことが可能になるのではないかと考えております。

もちろん全部きちっと処置をしてもらった方が良いという方もいらっしゃるかと思います。

それはそれで間違いないので結構かと思います。ただ、少々私の個人的な意見としてはお金がもったいないかなと感じます。

 

身体で言うと病院で診断してもらって悪くないところも全部治療して!と言っているようなものかな~と思います。

 

どこが損傷が激しいのか等を見極める為にお見積りの際は現地調査を行っております。

これは弊社だけでなく、全国の塗装屋さん全てだと思います。

 

ネットで積算できて、実際に見積もりしたら全然価格が違ったということが起こるのは、この辺が要因かと思います。

ネットで積算できるのは塗装部分だけです。下地処理はまた別途かかってきます。

 

”下地処理” と ”工事をよりお得に” という事に関しましては、弊社は力を入れておりますので少々長文になってしましましたが、次回投稿の続きは塗装の部分に触れていきます。

 

 

(株)エグチ建装

江口

 

 

塗料で探す

アクセス

Access

株式会社エグチ建装

外壁塗装/屋根塗装/建築塗装/内装塗装/断熱塗装/防水工事

〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町為重423-8
TEL : 0952-24-8373  ⁄  FAX : 0952-20-7313

塗装に関するご相談・ご質問はこちらから

0952248373

受付時間 平日・土曜 9:00 - 18:00(日曜・祝日を除く)

メールから問い合わせ